2019_2020_監察医朝顔

www.oricon.co.jp

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

t.co

 

 

2020_10の秘密

www.oricon.co.jp

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

mdpr.jp

 

www.oricon.co.jp

2019_パーフェクトワールド


www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

mdpr.jp

 

news.dwango.jp

 

mdpr.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

20201015_燃えよ剣

映画「燃えよ剣

撮影時期:2019.2-2019.4

クランクイン:2019.2.9

クランクアップ:2019.4.26

公開日:2021.10.15

 

 

2019.06.15 『週刊テレビジョン』

今、Jr.だったらどんなことをしてみたい?

岡田「Jr.時代が短かったからなー。誰かのバックで踊りたい。SixTONES とかの後ろで。僕、彼らを応援してるんですよ。ジャニーズカウントダウンで会ったとき、その雰囲気を見て何か頑張ってほしいなと思って」

ジャニーズカウントダウン2018~2019

 

2019.9.18 『TVガイド』

今の時代に学生だったら...

岡「俺は、King&PrinceとかSixTONES と同じクラスがいい。」

井「それは、どうして?」

岡「これからの子たちと一緒にいて、あのキラキラ感から影響を受けたいから!」

 

2020.1.14 『TVガイドPLUS』

「もしもジャニーズ内で自分を含む選抜グループを作るなら?」というテーマのもと、個性が光るチームや歌に特化したチームなど、各々が思い描く“ドリームチーム”を語る。

岡田准一のドリームチーム「俺の推しを集めたグループ」

岡田准一櫻井翔、山田涼介、中島裕翔、伊野尾慧、中島健人小瀧望,

平野紫耀、岸優太、森本慎太郎

 

2020.3.2 『日本映画navi』

2020.3.2 『CINEMA SQUARE』

2020.3.28 『Oriijin』

 

2020.4.7  『POTATO』

森本「岡田さんに役の捉え方やセリフの言い方を相談したら、優しくアドバイスしてくれて、すごくうれしかった。一方で殺陣シーンの指導もされているから、そのモードに入ったときの"圧"はすごかった。常に圧倒されてた気がする。試写では岡田さんが『一緒に見ようよ』って呼んでくれて隣に座ったんだけど、緊張でなかなか集中できないの(笑)。でも殺陣シーンはやっぱり圧巻だったよ。」

 

2020.4.23 『CanCam

Q:『燃えよ剣』で共演した後輩・SixTONES森本慎太郎さんの印象は?

岡田「彼もお芝居が上手ですよね、だいぶ緊張はしてましたけど。ロケバスの中で話す機会があって『ちゃんとやらないと出演しているシーン削られるぞ!』って、僕がけっこう脅かしちゃったからかな(笑)」

 

 2020.8.3 『CINEMA SQUARE』

Q.先輩のここがすごいと思ったところは?

「誰もが憧れる岡田(准一)さんは、本当に魅力的な方ですよね。特に「ザ・ファブル」のアクション、表情、セリフの言い方がすごく素敵で、作品に引き込まれました。岡田さんと言えばアクションですが、立ち回りがカッコ良くて、僕もキレのある動きができるようになりたいです。あと、先輩ではないですが、窪塚洋介さんのような俳優にも憧れていて。それこそ窪塚さんが出演している「池袋ウエストゲートパーク」にどっぷりハマっちゃって。そこに出てくる個性的な役も演じてみたいなと思っています。」

 

2020.11.2 『J Movie Magazine』

I love this MOVIE

森本「僕も出演している作品で、岡田(准一)さんの横で試写を観たんです。けれど、岡田さん演じる土方歳三のあまりのすごさに、横のご本人の顔を少し見てしまいました(笑)。迷惑だったと思いますが、スクリーンの中にいる土方さんは本当に岡田さんなのかなって思うくらい、まったくの別人だったんです。撮影現場で岡田さんが、アクション指導をされている姿も見ていたので、そのアクションの完成度にも驚きました。あらためて、岡田さんは本当にすごい先輩だと実感しましたし、とにかく映画に観入ってしまいましたね。」

 

2021.7.27 ラジオ『Mirror Park』※5thSG「マスカラ」プロモーション

(森本さんは10月15日公開予定の映画『燃えよ剣』に出演されているということですが、司馬遼太郎さんの大ベストセラーですけれども、撮影はいかがでしたか?)

「撮影はもうほんとずっと勉強って感じでした。」

(その演技?それとも世界観?どっちですか?)

「演技もそうなんですけど、世界観も、まあどっちもですかね。ほんと、司馬遼太郎さんの作品に触れてるってだけで、まずすげーということもあり、新選組だったり、僕は勉強がそんな得意な人間ではないので、もちろんそんな詳しくはないんですよ。だけど燃えよ剣を通して、新選組の凄さだったりその時代の厳しさじゃないですけど、その時代にあった葛藤じゃないですけど、なんかそういったところを学んだりだとかしながら、あとはもう、岡田さんが色々アクション指導してったり、岡田さんの演技見たり、他の名だたる共演者の方の演技を見て、勉強勉強勉強勉強、ずっと勉強でしたね。」

(もともと司馬遼太郎さんもそうだし『燃えよ剣』ってファンが多い作品なので、プレッシャーみたいなのはなかったですか?そこはあんまり?)

「いや、ありましたよ。僕が演じた鉄之助はですね、最後の土方歳三から形見を受け取ってっていう、すごく大事な、土方歳三がすごく大事に大事に育ててきた弟子の役ではあったので、そこが燃えよ剣ファンからしたらすごく大事なシーンですごく大事なキャラではあるから、そこでのプレッシャーはほんっとにありましたよ。大丈夫かなとか、それでやる前に岡田さんにちょっとどういう感じでやったらいいんですかねっていうアドバイスをもらいに行ったりもしましたし、」

(なんて言われました?)

「『そんな考えすぎなくていいよ、』」

(自分の思うようにみたいな?)

「岡田さんらしく、『そんなクヨクヨすんなよ』みたいな、『もうちょっとやりたいようにやりな』みたいな、という感じだったので、」

(あれだけ色んな役を演じてきた大先輩の岡田さんにそうやって言ってもらえると、ちょっとホッとする部分もありますよね。)

「そうですね、しかも一緒にシーンを撮るとなると、やっぱこう、勝手に支えられてる気がしてて、背中で語るじゃないですけど、俺の背中を見て学べじゃないですけど。」

(その空気感出てるってかっこいいですね。)

「かっこいいです、なんですけど、やっぱ役に入ってるからめちゃめちゃ圧力あるし、あのオーラだったり、岡田さんから出ていた圧力ってのは、V6岡田准一とか、芸能界の人間だからとかそういうことじゃなく、シンプルにあれは土方歳三そのものだなみたいな感じの圧力を感じたので、僕初めて対峙したときにこの人には勝てないと思いましたもんね、たぶんそれが市村鉄之助を演じていくうえでそう思うのって多分正解だったなって思って、そう感じさせてくれた岡田さんにすごく感謝ですね。」

(でも、いずれ森本さんもそういう風に、偉大な先輩になっていくわけですもんねこれからね。)

「そうなんですかね~(笑)こんな人間ですから私は(笑)どうなってるか分かりませんけども(笑)」

(そういうのってちゃんと受け継がれてくのかな、という気はしますねすごくね。)

「でもやっぱ学んだものはちゃんと下に教えたい受け継ぎたいみたいなとこはあるので、僕なりにですけど、どんどん繋いでいきたいなとは思ってます。」

 

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

2019

2018

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

natalie.mu

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

news.mynavi.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

youtu.be

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

www.tvguide.or.jp

 

www.oricon.co.jp

  

www.oricon.co.jp

 

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

 

www.tvguide.or.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

www.fujitv-view.jp

www.fujitv-view.jp

 


 

 

 

magazineworld.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

「V6~道程と矜持~」RIDE ON TIME Season3より

 

 

2月26日から4週にわたって

フジテレビ系列で放送された

RIDE ON TIME Season3「V6 ~道程と矜持~」の予告や記事をまとめました。

 

 

 

 

#1 Coming Century

youtu.be

昨年デビュー25周年を迎えたV6特集のEpisode1。

V6は1995年、バレーボールワールドカップのイメージキャラクターとして結成されデビューした。変化の激しい芸能界で、25年もの間アイドルとして第一線で活躍する彼ら。記念すべき節目を迎えた今だからこそ語られる想いとは。6人のリアルに迫る。

V6はグループ活動だけでなく、それぞれが独自の分野で自らの武器を磨いてきた。舞台、ミュージカル、映画、ドラマ、テレビ番組の司会など、そのいずれにおいても高い評価と確かな実績を積み上げている。そんな個々の活動にも密着、多彩な個性についてもフィーチャーする。

デビュー25周年の記念日となる昨年11月1日。「V6 For the 25th anniversary」と題した無観客配信ライブが開催された。会場は、25年前のデビューイベントに始まり、その後も10周年、20周年と節目のタイミングでライブを行ってきた、東京・代々木第一体育館だ。この公演に向け、6人はこれまでにない挑戦を始めていた。メンバー全員が40代になった今も、さらなる成長と進化を求め、貪欲に稽古に臨む6人の姿を追う。

 

www.fujitv-view.jp

www.fujitv-view.jp

 

 

#2 20th Century

youtu.be

デビュー25周年を迎えたV6特集。

1995年11月に鮮烈なデビューを果たした彼ら。年齢も経験値も様々な6人が集まったグループだったが、まとめ役を担ってきたのが「20thCentury」坂本昌行長野博、井ノ原快彦の3人だ。

井ノ原は、デビュー後しばらくはコンサートのMCが苦手だったという。だが現在は、長寿番組『出没!アド街ック天国』の司会を務めるなど、司会者として確かな地位を築いている。長野は、大の料理好きが高じて、調理師免許と野菜ソムリエの資格を取得、芸能界屈指の食通として有名だ。食に関する本も3冊が出版され、レシピ本には素材の栄養価まで細かく紹介するなど、内容に人柄が表れている。坂本昌行は16歳で事務所に入所したが、20歳を目前に芸能活動を辞め、サラリーマンになった異色の経歴を持つ。芸能界に戻るきっかけは、通勤途中にKinKi Kidsと遭遇したことだといい、その偶然の出会いを振り返る。そんな坂本は、美しい声と表現力豊かな歌唱力、そして確かな演技力が高く評価され、ミュージカル俳優としての地位を確立、これまでに30本以上の舞台に立っている。

そして昨年秋、デビューの地である代々木第一体育館で開催される配信ライブのリハーサルが始まった。この公演に向け6人は新たな挑戦を始めていた。四半世紀を経てもなお、貪欲に表現を追求し続ける彼らの今に迫る。

 

www.fujitv-view.jp

www.fujitv-view.jp

 

 

#3 Right Now

youtu.be

デビュー25周年を迎えたV6特集。

V6は1995年11月1日、代々木第一体育館でデビューを果たした。その後、節目はもちろんのこと、過去何度も同館でライブを行ってきた。そんなグループの聖地とも言える場所で、デビュー25周年の記念日に配信ライブ「V6 For the 25th anniversary」が開催された。配信の強みを活かした演出にこだわり、メンバーが意見を出し合い、事前収録とリアルタイムのライブ映像を織り交ぜる構成が練り上げられた。

リハーサルが始まったのは昨年秋。確認していたのは、ライブの終盤にファンクラブ会員に向けて披露する新曲「クリア」。メンバーがラッパーのKREVA氏に制作を依頼した楽曲だ。井ノ原快彦は歌詞資料を指しながら「もろ、今のって感じだと思うよ、V6の」と語った。リハーサルと並行し、ビジュアルブックの打ち合わせが行われた。この日は、写真と共にインタビューを掲載するかどうか検討されていた。メンバーからは、言葉がない方が伝わる、という意見が。収録する写真について、岡田准一が撮っていたメンバーのオフショットも使用するのはどうかという提案が出た。森田剛は「他の人ではありえない距離にいるじゃん、メンバーだから。その写真はやっぱり特別だと思うの」と話した。25年間、共にかけがえのない時間を積み重ねてきたV6。そんな6人が、今だからこそ見せられる至高のパフォーマンスとは一。

 

www.fujitv-view.jp

www.fujitv-view.jp

 

 

#4 Full Circle

youtu.be

 

 デビュー25周年を迎えたV6特集の最終話。昨年11月1日、まさにデビュー記念日であるその日をファンと一緒に祝いたいと、配信ライブ「V6 For the 25th anniversary」が開催された。会場は、過去何度もライブを行ってきた国立代々木競技場第一体育館。グループの“聖地”とも言える場所だ。
この公演に向けて6人はこれまでにない挑戦に臨んでいた。自身の楽曲「TL」にのせ、水が張られたステージでコンテンポラリーダンスを披露するパフォーマンスだ。10月、その撮影が行われていた。裸足かつ甲まで水に浸かった状態で踊るため、テイクを重ねるうちに、全身ずぶ濡れに。寒さで凍える体を温めながらの過酷な撮影となった。
配信ライブ2日前。会場では、ステージの設営が始まっていた。本来なら客席となるはずの空間も最大限に活用、アリーナ床面にはLEDが敷き詰められ、複数のステージが建てられた。
そしていよいよ迎えた配信ライブ当日。メンバー同士で幾度となく話し合いを積み重ね、練り上げたステージが繰り広げられる。ライブ終盤には、メンバーにサプライズでファンからのメッセージ動画が流された。25年間という年月の中で育んだ唯一無二の絆、そして築き上げた誇りを胸に、ステージに立つ6人の姿を映し出す。

www.fujitv-view.jp

www.fujitv-view.jp

 

 

 

 感想

 

25周年アニバーサリー配信

「V6 Fot the 25th anniversary」

 

 

ほとんどのファンが涙ながらに6人を見ていたと思います。

 

 

しかし、その涙は、

6人のこれまでとこれからに流れたものであって、

 

V6という概念が無くなることに流したものではありませんでした。

 

 

 

既に決定していた解散。

 

 

彼らが何を思って聖地・代々木のステージに立っていたのか、

 

 

それを知らずに、純粋に25周年の月日を思って、

ただ画面に向かって涙していた私たち。

 

 

 

それでも、解散発表後に配信を振り返ってみると、

点と点がつながる不思議な感覚になりました。

 

 

 

配信当日、

 

彼らのパフォーマンスと選曲から伝わるのは、重さでした。

 

ただひたすら重かったんです。

 

15周年はアニバイヤーと捉えずにただの通過点と言っていたV6なのに。

 

そんな彼らが25周年のパフォーマンスで伝えようしているものが、

 

思っていたより重いように感じました。

 

 

 

本編終了後のファンクラブ限定配信では

 

KREVA氏が作った「クリア」という楽曲が初披露されました。*1

 

ハンドルを掴んでいたはず
あの経験は返品不可
このまんまじゃ前進すら出来ないなら
僕は生まれ変わる 変われるのさ
君と繋がり 今を生きる僕だったら

 

背負い直す背中の荷物
未だそこで揺れてる理想
少しだけど浮かんだビジョンは
君がくれた
僕の意味が増えた

 

開き直ったりしない
開くのは可能性への扉
姿変えても無くならないよ誇りは
この先の未来が見たい
わかり始めた
まだ誰も知らない自分も出せるから

 

 

初めて聴いたときは、歌詞がしっくりこなかった。

 

同じようにファンクラブ限定で披露された「Full Circle」*2の歌詞はしっくりきたのに、

 

 

どうして、こんなにもクリアの歌詞は馴染まないのか。

 

 

この疑問も、先日の発表で辻褄が合いました。

 

 

 

これは25周年の歌ではない、

 

 

 

V6の、最後の歌のうちの1つなんだと、

 

 

腑に落ちました。

 

 

 

どうりでしっくりこないはずです。

 

 

 

 

私たちは「最後」を覚悟してその曲を聴いていないから、

そこに込められた意思が汲み取れるはずがない。

 

 

気づけなかった。

 

気づくのが遅かった。

 

悲しいやら悔しいやらで、

 

今はそんな気持ちです。

 

 

*1:クリア全歌詞

https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/v6/clear/

*2:25周年アルバムのリード曲と思われる

CLASSY

 

2019年4月号

classy-online.jp
2019年9月号

classy-online.jp

classy-online.jp

classy-online.jp

2019年10月号

classy-online.jp

classy-online.jp

classy-online.jp

2020年1月号

classy-online.jp

classy-online.jp

2020年3月号

classy-online.jp

classy-online.jp

2020年8月号

classy-online.jp

classy-online.jp

2020年12月号

classy-online.jp

classy-online.jp

classy-online.jp

classy-online.jp

2021年3月号

classy-online.jp

classy-online.jp

classy-online.jp

 

 

 

 

 

 

 

2020

 

www.oricon.co.jp

www.fujitv-view.jp

www.fujitv-view.jp

 

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.tvguide.or.jp

 

 

 

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

 

 

 

 
news.1242.com

 

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

www.tvguide.or.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

ananweb.jp

 

www.tvguide.or.jp

 

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

 

www.oricon.co.jp

 

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

magazineworld.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

 

www.fujitv-view.jp

www.oricon.co.jp

 

 

magazineworld.jp

 

www.tvguide.or.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

 

 

SixTONESがポップ・アイコン・オブ・ザ・イヤー賞を受賞!──2020年「GQ MEN OF THE YEAR 2020」発表! | GQ Japan

www.oricon.co.jp

www.fujitv-view.jp

youtu.be

youtu.be

より]

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

 
rockinon.com

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

mdpr.jp

thetv.jp

news.mynavi.jp

youtu.be

2021

 
www.oricon.co.jp

 

youtube.com

 

t.co

 

ananweb.jp

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

 

www.oricon.co.jp

www.nhk.or.jp

 

magazineworld.jp

www.fujitv-view.jp

 

 

spur.hpplus.jp

 

 

www.oricon.co.jp

 

 

 

 

www.oricon.co.jp

 

tokyo-calendar.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

mdpr.jp

 

www.oricon.co.jp

 

 

www.tvguide.or.jp

www.oricon.co.jp

 

t.co

 

 

mdpr.jp

 

 

 

 

 

www.tvguide.or.jp

 

 

 

 

 

 

 

 


rockinon.com

www.oricon.co.jp

news.yahoo.co.jp

 

www.billboard-japan.com

www.oricon.co.jp

classy-online.jp

ananweb.jp

www.oricon.co.jp

www.oricon.co.jp